営業課 TEL:0120-78-1838在宅医療課 TEL:045-441-3036

在宅酸素療法

HOT療法(在宅酸素療法)

酸素供給機器を自宅に設置し必要時に酸素吸入をするのが在宅酸素療法です。
現在、利用されている酸素供給機器は2パターン有ります。1つは「液体酸素親器(自宅用)・子器(携帯用)」2つ目は「酸素濃縮器(自宅用)・携帯用酸素ボンベ(携帯用)」です。日常的な装置の管理や補充、交換は病院からの委託を受けた専門の業者(当社)が行います。

液体酸素親器・子器

マイナス183℃以下に冷やされて液体の状態になった酸素を魔法瓶のような役割の親器に保存し、気化させた酸素を吸入します。限りなく100%に近い濃度の酸素を吸入できます。
外出時には親器から子器(携帯用)に液体酸素を分けて持ち運びます。子器は一般的な酸素ボンベに比べ非常に小型・軽量で、重量は約1.5㎏です。リュック、ウエストポーチ、ショルダーバックに入れて携帯可能で、手軽に外出して頂けます。
電気が不要で停電時も安定して酸素を供給でき、電気代もかかりません。

酸素濃縮器・携帯用ボンベ

酸素濃縮器は室内の空気から、窒素を分離して、酸素を濃縮して連続的に発生させる装置です。比較的操作が簡単で、電気の確保が可能な限り酸素を発生し続ける事ができます。
外出時には携帯用酸素ボンベを専用カートに載せて引きながら使用します。
また、電気で動く濃縮器は停電時使用できなくなるので、その際にも携帯用酸素ボンベを使用します。

お問い合わせはお電話でお願いします

TOP