営業課 TEL:0120-78-1838在宅医療課 TEL:045-441-3036

CPAP療法

SAS(睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群とはさまざまな原因により、睡眠中に呼吸の停止を繰り返し、熟睡できない状態です。このため昼間強い眠気を感じるようになります。

こうした寝不足の状態は集中力の低下・疲労・無気力・物忘れや短気を起こしやすく、のちに心筋梗塞や脳卒中といった合併症を引き起こす事もあります。

CPAP療法

CPAP療法は、睡眠時無呼吸症候群の患者様に極めて有効な治療法の一つです。この治療法は睡眠中にCPAP装置から鼻・口マスクを通じてのどに空気を送り続けることによって気道が閉じるのを防ぎます。このため睡眠中に呼吸が止まることがなく熟睡できるようになります。睡眠時無呼吸症候群の治療には有効な治療法と考えられており、現在多くの方が利用しています。

お問い合わせはお電話でお願いします

TOP